乳癌の治療方法|女性特有の病気に打ち勝とう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

気付きにくい肝臓の病気

女性

肝臓がんは、初期症状がほとんどないために見逃しやすいがんです。肝障害を抱えている人がなりやすいところがあり、特に肝炎ウィルスの感染者は気を付けなければいけません。肝臓がんは手術で腫瘍を切除していく方法が一般的で、それ以外にも状態に合わせたさまざまな方法が行われています。

もっと見る

喉のつかえに要注意

看護師

食道がんは中高年の日本人男性に多い病気で、タバコやアルコールなどの刺激物が原因と言われています。早期のうちは内視鏡手術で切除できますが、進行すると大手術が必要になります。早期発見のため定期検診が重要です。

もっと見る

ガン検診を受けられる

医者

城東区の内科ではガン検診を行っています。一般的なエックス線検査や内視鏡による検査はもちろんのこと最新機器によるPETやマルチスライスCTなどの検査を設けることができるなど検査体制が充実しています。40歳以降の方でまだガン検診を受けていない方は城東区の内科で早めに検査を受けるようにしましょう。

もっと見る

女性特有のがん

カウンセリング

全摘か温存か

乳房にしこりやくぼみが見つかったら、乳癌の可能性があるため、早期の受診をお勧めします。しこりやくぼみがあっても必ずしも乳癌ではなく、良性の乳腺症の場合もありますが、発見が遅れれば遅れるほど生存率が低下します。乳癌が他の臓器に転移していなければ、ほぼ100%治療することができます。転移の可能性がある場合は、抗がん剤や放射線と手術を組み合わせて治療します。ステージ1〜3であれば、基本的に手術が必要です。かつて乳癌の手術といえば、乳房の全摘が一般的でした。しかし近年では乳房温存術が普及し、少しの切除で治療できるようになっています。一方、乳房再建術にも保険が適用されるようになり、全摘してから再建という方法を選ぶ方もいます。

女性ホルモンの影響

乳癌の発生には、女性ホルモンのエストロゲンが大きな影響を与えていると言われています。初潮が早く閉経が遅くなると、それだけエストロゲンにさらされる期間が長くなり、乳癌のリスクが高くなります。また非婚化や晩婚化が進み、妊娠や授乳の年齢が高くなることも、リスクを高める要因とされています。乳癌の治療後は再発防止が重要です。切除しきれなかったがん細胞が、全身に転移している可能性があるため、抗がん剤で退治する必要があります。また女性ホルモンががん細胞の増殖に関わっている場合は、ホルモン療法を併用します。こうした治療法の進歩により、ステージ1〜2の乳癌の5年生存率は90%を超えており、比較的治療しやすいがんと言うことができます。