乳癌の治療方法|女性特有の病気に打ち勝とう

医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガン検診を受けられる

医者

40代以降に多い病気

40歳を過ぎたら受けておきたいのがガン検診です。ガンには若年性など様々な病態があることから中高年に限った病気ではないのですが、各年齢層全体で分析を行うと40代ごろから有意に発病率が高まります。そのためガン検診は40歳を過ぎたら1年に1回は受けておきたい検査となります。中高年に好発するガンは喉頭ガン・胃ガン・大腸ガン・乳ガンなどさまざまです。ガンは進行すると全身に様々な症状が現れるようになりますが、初期の段階ではほとんど自覚症状がないので定期的な検査による早期発見が重要となるのです。城東区の内科ではガン検診を行っています。事前の予約を行えばいつでも検査を受けることができるので、40歳を過ぎた方は会社の健康診断に含まれていなくても自主的に検査を受けるようにしましょう。

検査機器が充実しています

城東区の内科は検査機器が充実している点が特徴となっています。ガン検診では以前から使用されているエックス線検査や内視鏡検査はもちろんのことPETやマルチスライスCTなどの最新検査機器も用意されています。また視診や触診検査だけでは発見が難しいとされる乳ガンに対してもマンモグラフィーや乳腺超音波検査による検査が可能となっているので多角的な側面から検査をすることができます。また血液からガンの有無を調べる腫瘍マーカーを使用したスクリーニング検査も行っているので全身の状態をくまなくチェックすることができます。城東区の内科では検査によるガンの早期発見に力を入れています。まだガン検診を受けていない方は城東区の内科で相談して検査を受けるようにしましょう。