乳癌の治療方法|女性特有の病気に打ち勝とう

医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

喉のつかえに要注意

看護師

早めの検査を

食道がんは他のがんに比べても悪性度が高く、転移しやすいがんとして知られています。肝臓や肺などに転移すると、治療成績は良くありません。ただし増殖が速いということは、抗がん剤や放射線が効きやすいということでもあります。かつて食道がんは非常に死亡率の高いがんでしたが、現在では薬物療法や放射線療法でがん細胞を縮小させ、手術で治療することが可能になっています。特に早期の食道がんであれば、内視鏡手術だけで取り除くことができ、体への負担が小さいため人気があります。食道がんの症状には、喉のつかえや異物感などがあります。しかし初期のうちは自覚症状に乏しいのが特徴です。喉がしみる感じを覚えたら、早めに検査を受けることが大切です。

原因と治療

食道がんは男性に多い病気で、患者数は女性の5倍という統計があります。また他の国に比べると、日本で特に多いと言われています。年齢別では50歳代から70歳代の中高年に多いのが特徴です。主な原因としてタバコやアルコール、それに辛い食物などによる刺激が考えられます。これらが好きな方は、意識して定期検診を受けたほうが良いでしょう。進行した食道がんの治療には大手術が必要です。食道や周囲の組織をすべて取り除き、再建することになります。患者の体力も要求される難しい手術なので、リスクについて十分に医師と話し合う必要があります。抗がん剤や放射線が効果を現し、がん細胞を完全に切除できれば、5年生存率は高くなります。